代をたくさん用意して神威を使

wに過ごすうちに高比古がいろいろな笑顔を覚えていくのを、自分の目で見てきたのだ。

 今、高比古の顔にある笑みは、例えるなら、風がいっさい吹いていない時の湖面のようだった。

 風のない時の湖面は波が立たないので、水面は巨大な水鏡になり、周りの景色をすべて写し込み、それを見る人がため息を漏らす壮麗な景観をつくり上げる。

 でも、水鏡のような湖面が美しいと感じるのは、それが珍しい光景だからだ。普通、風は吹いているものなのに、吹いていないからだ――。

「――高比古が元気だと思うなら、いいんだ。水、もっと飲む?」

「いや、もういいよ」

 この人が、こんな笑顔を浮かべるのはどうしてだろう――?
http://www.watchsindustrial.com

 そう思って、狭霧が「どうして?」と尋ねても、返ってくるのは、「いつも通りだよ」というそっけない答えだった。大神事のことを尋ねても、それは同じだ。

(高比古は、あまり触れて欲しくないみたい。大神事のことを尋ねても、軍議のことを尋ねても、そのほかのことを尋ねても――。どうしてだろう。高比古は、ちゃんと答えてくれているのに。それは答えじゃないっていう気がしてたまらない――。高比古が、わたしに何かを隠している気がしてたまらない……)

 狭霧は、水壺を抱えてぼんやりとした。
時計 ブランド メンズ

「――ねえ。手を、つなごう」

「――いいよ」

 抱えていた水壺を木床の上に置くと、手のひらを高比古の手のひらに重ねた。手と手を重ねると癖のように身を寄せて、狭霧は、高比古の肩に頭をもたれた。高比古も自然な動きで片腕をあげて、狭霧の肩を軽く抱き寄せた。

 狭霧は、高比古の肩の上で目を閉じた。
ルキア 時計
「言葉って、難しいね。今は、なにも思わないのに」

「今は、思わない? さっきはなにかを思ってたのか?」

「――どうなんだろう。わからないけれど……さっきはなんだか不安で、話していると、頼りなく感じたの。でも、今は感じない。ただ、あったかいなあ、落ち着くなあ――って」

「おれもそうだ。言葉なんか、ないほうが楽だな」

 高比古のいい方は、まるで、もう喋りたくないという風だった。それには、不安になった。

「そんなふうにいわないで。話ができるから、人と人はわかりあえるものよ」

「そうか? 今は、これだけで十分だ。いちいち話さなくてもいい気がするし――」

「――でも……」

 狭霧は、高比古の衣にうずもれるようにそばに寄って、重ねた手で高比古の手をきゅっと握った。

「ねえ、高比古――。事代って、人の心を読めたりするの?」

「そんなこと、できないよ」

「じゃあ、巫女は? 代をたくさん用意して神威を使ったら、人の心を読める?」

「そんな話は聞かないな」

「そっか。――なら、やっぱり話すしかないんだね。言葉って、要るんだ……」

 高比古は苦笑した。

「妙なことをいって――どうしたんだ?」

「わからないけど……。ね? 高比古もわからない? じゃあ、気持ちを伝えるには、やっぱり言葉は大事なんだね」

「どうしたんだ? ――あんたのほうこそ、元気がないよ?」

 高比古が狭霧の肩を抱く仕草は自然だったし、優しかった。

 恋しい人の近くにいって優しくされると、思わず狭霧の唇には笑みがこぼれた。

 でも、妙な胸騒ぎはぬぐえなかった。

(こんな上澄みみたいな話じゃなくて、もっと深い話がしたい。高比古には、わたしに話したくないことがあるみたい。御津のことか、大神事のことかはわからないけれど――。それに、わたしも話せないでいることがある。――へんだな。前は、本気で怒鳴り合っても平気だったのに――)

 何日も何日も、狭霧に

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s