代をたくさん用意して神威を使

wに過ごすうちに高比古がいろいろな笑顔を覚えていくのを、自分の目で見てきたのだ。

 今、高比古の顔にある笑みは、例えるなら、風がいっさい吹いていない時の湖面のようだった。

 風のない時の湖面は波が立たないので、水面は巨大な水鏡になり、周りの景色をすべて写し込み、それを見る人がため息を漏らす壮麗な景観をつくり上げる。

 でも、水鏡のような湖面が美しいと感じるのは、それが珍しい光景だからだ。普通、風は吹いているものなのに、吹いていないからだ――。

「――高比古が元気だと思うなら、いいんだ。水、もっと飲む?」

「いや、もういいよ」

 この人が、こんな笑顔を浮かべるのはどうしてだろう――?
http://www.watchsindustrial.com

 そう思って、狭霧が「どうして?」と尋ねても、返ってくるのは、「いつも通りだよ」というそっけない答えだった。大神事のことを尋ねても、それは同じだ。

(高比古は、あまり触れて欲しくないみたい。大神事のことを尋ねても、軍議のことを尋ねても、そのほかのことを尋ねても――。どうしてだろう。高比古は、ちゃんと答えてくれているのに。それは答えじゃないっていう気がしてたまらない――。高比古が、わたしに何かを隠している気がしてたまらない……)

 狭霧は、水壺を抱えてぼんやりとした。
時計 ブランド メンズ

「――ねえ。手を、つなごう」

「――いいよ」

 抱えていた水壺を木床の上に置くと、手のひらを高比古の手のひらに重ねた。手と手を重ねると癖のように身を寄せて、狭霧は、高比古の肩に頭をもたれた。高比古も自然な動きで片腕をあげて、狭霧の肩を軽く抱き寄せた。

 狭霧は、高比古の肩の上で目を閉じた。
ルキア 時計
「言葉って、難しいね。今は、なにも思わないのに」

「今は、思わない? さっきはなにかを思ってたのか?」

「――どうなんだろう。わからないけれど……さっきはなんだか不安で、話していると、頼りなく感じたの。でも、今は感じない。ただ、あったかいなあ、落ち着くなあ――って」

「おれもそうだ。言葉なんか、ないほうが楽だな」

 高比古のいい方は、まるで、もう喋りたくないという風だった。それには、不安になった。

「そんなふうにいわないで。話ができるから、人と人はわかりあえるものよ」

「そうか? 今は、これだけで十分だ。いちいち話さなくてもいい気がするし――」

「――でも……」

 狭霧は、高比古の衣にうずもれるようにそばに寄って、重ねた手で高比古の手をきゅっと握った。

「ねえ、高比古――。事代って、人の心を読めたりするの?」

「そんなこと、できないよ」

「じゃあ、巫女は? 代をたくさん用意して神威を使ったら、人の心を読める?」

「そんな話は聞かないな」

「そっか。――なら、やっぱり話すしかないんだね。言葉って、要るんだ……」

 高比古は苦笑した。

「妙なことをいって――どうしたんだ?」

「わからないけど……。ね? 高比古もわからない? じゃあ、気持ちを伝えるには、やっぱり言葉は大事なんだね」

「どうしたんだ? ――あんたのほうこそ、元気がないよ?」

 高比古が狭霧の肩を抱く仕草は自然だったし、優しかった。

 恋しい人の近くにいって優しくされると、思わず狭霧の唇には笑みがこぼれた。

 でも、妙な胸騒ぎはぬぐえなかった。

(こんな上澄みみたいな話じゃなくて、もっと深い話がしたい。高比古には、わたしに話したくないことがあるみたい。御津のことか、大神事のことかはわからないけれど――。それに、わたしも話せないでいることがある。――へんだな。前は、本気で怒鳴り合っても平気だったのに――)

 何日も何日も、狭霧に

Advertisements

牛も、羊さえも

ra19です。
********************************************
extra19 その頃亜空③

 亜空、平原。
 牛と羊の群れが思い思いに草を|食(は)んでいた。
 広大な土地は、二つの群れが広がってもまだ広々としていて余裕がある。
 
「ひっろいねえ」アディダス 壁紙

「だねー……」

「リズーを牧羊犬に出来ないかって話もあるんだって」

「リズーねえ。案外適任かもね」

 美しすぎる羊飼いとでも評されそうな妙齢の女性達が、羊の群れから少し離れた所でほのぼのした雰囲気で会話している。
 ゴルゴン。
 ほんの少し前まで荒野で視覚を封じて窮屈な暮らしをしていた女性だけの種族だ。
 亜空という夢のような環境への移住を提示され、面談の末に全員が引越しする事になり今に至る。
 彼女たちのここでの役割は、家畜に出来そうだと思われてはいた動物を飼育する事、それから元々得意としていた裁縫技術を活かした衣服作りとなっていた。
 何でもしますと申し出てくれた彼女たちに対して、エマはそれらの仕事を割り振った。
 人数がそれなりにいる種族で“戦闘力が高い”事が野生動物への飼育担当になった理由だ。
 実はリズーを牧羊犬に、などと馬鹿げた話が女性の口から出た事も不思議な事では無い。
 強いのだ。
 牛も、羊さえも。
 今の亜空の成り立ちを考えるならおかしな言い方だが、元々この地に生息していた動物は異様に強かった。
 生まれながらの戦士であるミスティオリザードですら当初は狩りの際に負傷する程に。
 特殊能力などは持たないものの、単純な力や速さが優れているのだ。
 巴が適当に持ち込んだ荒野の魔物など、とうの昔に駆逐されている。
 追い込まれた羊の突進ですら致命傷を与える威力を持っていたのだから、放り込まれた魔物達の方が哀れだ。
 中でも牛の群れがパニックを起こした際の突進でミンチにされた方々の冥福は特に祈りたい程に。
 
「ここにもリズーがいたって私聞いたけど?」

「巴様が前に群れ一つ放り込んで、それなりに生き残ってたんだけどオオカミに手を出して皆殺しだって~」

「ああ、オオカミ……。私は見た事無いけど何か物凄く強いのよね。ミスティオリザードの方々が倒すよりも住み分けを、って提案して若様も許可したみたい」
アディダス ブーツ
「若様ならいくら強いって言ってもどうって事無いんじゃないの?」

「オオカミなら仕方無いんだって、仰っていたらしいわ。あの方のお考えはたまにわかんないわね」

「まだ誰も誘えてないしね」

「この前誘った|娘(こ)はヘアカタログもらって誤魔化されて帰ってきてた」

「アレか。アレは確かにいいものね」

「オシャレって楽しいよね」

 まだまだ油断の出来ない牛組と違い、羊組の彼女達は比較的のんびりしている。
 ゴルゴンは他種族とは色々と事情が違っていた。
 視覚が実質無かった事、それに伴う不自由。
 そして種の存続に他種族の男を必要とする点。
 視覚が解放された事で彼女達の興味は貪欲に広がりつつあり、料理を楽しむ者、着飾る事を覚える者、着飾る為の服や装飾品を作る事に目覚める者と多様な分野で日々を忙しく過ごしている。
 最近亜空で|流行(はや)り出した陶芸に興味を示す者も数少ないが現れていた。
 後者についてはオークが当面の候補に挙がったが繁殖時期の不一致や意外に高かったハイランドオークのモラルに阻まれて難しい状況にある。
 この亜空の支配者でもある深澄真も彼女達ゴルゴンのターゲットの一つ、いや最高目標と化しているのだがそれも叶っていない。
 種族の何割かが常に発情期にあるゴルゴンにとっては、真では
<a href=”http://www.shoessreception.info” title=”http://www.shoessreception.info”>http://www.shoessreception.info</a>

国際的なエコドライブの登録商標

ソーラー時計は何ですか “光エネルギー”は、国際的なエコドライブの登録商標です。 エコロジー-用
英語のテキスト
ドライブ、http://www.watchsrobe.com
の意味は、生態環境を促進し、維持することです。シチズンエコドライブの時計はグリーン製品の社会への献身である。社会的·経済的発展に伴い、大量の電子製品や通信機器の様々な、とアップグレードの加速ペースなので、人々は電池の日常生活の数と種類で使用することを劇的に増加している。普通の電池水銀、カドミウム、ニッケル、鉛、重金属や酸、アルカリ、その他の電解液は、人体や環境にはかなりの危険性を有している。
 ソーラーの
有効活用は、中国、日本、ヨーロッパ、米国、またはその他の国におけるかどうか “光エネルギー”の時計はグリーン製品として認定されているが、エネルギー主導型などの任意の可視光を見る。シチズン時計株式会社は、業界初の環境認証取得企業です。 1995年から
今最初シチズンエコドライブの時計を発売し、シチズンのエコドライブの時計は、常にデザインと技術を向上させ、時計 “光エネルギー”技術と最先端の環境保護の概念と罰金ファッションデザイン完璧を反映するように努め一つにブレンド。
 21世紀に
時計 人気 メンズ
は、シチズンパーペチュアルカレンダー機能はソーラーそれらを見て最初に統合されます。時計は自動的にカレンダーを調整のPing /うるう年、月、日付と曜日の変更に従うことができ、2100年2月28日の時点で、修正なしです。現在の時刻を追跡するために光にさらされると時計は、スリープ状態に入る、労働条件の下で、低消費電力モードの長期使用で光を見ない可能省電力機能。
2006シチズンは世界初の太陽電池式の3リピータの時計を導入しました。スリーリピーター(ミニッツ “エクストリームスポーツ”で集計プロセスと呼ば
リピータ)、
。カレンダーに基づいて光エネルギーの既に複雑な過程で市民が、 “時間”を区別するためにチャイムつの異なる音楽の3つのリピータ機能を注入された時計は、 “刻まれた時計 レディース 人気
、 “ポイント”
、高音域の音は時間数を求め、回数ミキシングヒント、低音のレベルが促さ分聞こえるので、その時間も聞くことができます。

 

生かした見事な騎馬

移動担当の三村。
応援担当の俺。

澄空騎馬は、それぞれの持ち味を生かした見事な騎馬となったのだ!

が。

「いや、ちょっと待ってくれ」
峰が口を挟んできた。
「どうした?」
「悪いんだが、今の技、少し問題があるぞ」
「問題?」
俺は首を傾げる。カシオ 中古

「んー、なんというかね。使えないんだよ。あの技の最中は。僕らのBMP能力が」
小野が続ける。
使えない?
峰と小野のBMP能力が?

「澄空は影響範囲外だったから気付かなかったんだろうが、さっきの技は、三村の力場で複数人を同時に超加速状態にするというものだ」
「力場の影響を受けている間は、とてもBMP能力なんか使えないよ」
「あ」
峰と小野の言葉を聞いて三村が呟く。
そのまま、BMP能力についてのなんらかの議論を早口で行う、俺を除く三人。

どうも、何を言っているか良く分からなかったが、とりあえず要点だけまとめてみよう。

【説明:どうして、峰と小野はBMP能力が使えないのか】
1:単純に上に乗って動かされるだけの俺と違って、峰と小野は三村の力場の影響をもろに受けている。
2:これは、擬似的な超加速(システムアクセル)状態とでも言うべきものである。
3:よって、峰と小野がBMP能力を使うのは、三村が超加速(システムアクセル)を使いながら他のBMP能力を使うくらい難しい。
4:これを『ナンタラカンタラ(※ごめん、聞き取れなかったんだ)』理論という。
5:BMP能力の複数同時起動は、超高等技術なのである。
6:だから無理

という感じだ。
……良く分からん(※特に3あたりが)が、できないという以上できないんだろう。

「いや、待てよ? 峰と小野は無理としても、澄空はBMP能力使えるんじゃないか?」
三村が聞いてくる。
確かに、俺は超加速状態とやらにはなってなかったらしいが……。

「あんな超高速状態でBMP能力なんか使っても、俺の実力じゃ、的に当たらないと思うぞ……」
情けないが、こう言うしかあるまい。
俺のBMP能力は元々劣化状態な上に、使い手が優秀であるとも言い難い。
元々の素質もそうだが、色々なBMP能力を使えてしまう分、熟練度が上がるのが遅いのだ。
オリジナルを使う峰か小野なら大丈夫なんだろうが。 楽天 casio

……。
…………。
……………………?

待てよ?

ということは?

「峰か小野が上に乗ってれば、良かったんじゃないか?」

と俺が言った時。
澄空騎
http://www.shpmotion.com