牛も、羊さえも

ra19です。
********************************************
extra19 その頃亜空③

 亜空、平原。
 牛と羊の群れが思い思いに草を|食(は)んでいた。
 広大な土地は、二つの群れが広がってもまだ広々としていて余裕がある。
 
「ひっろいねえ」アディダス 壁紙

「だねー……」

「リズーを牧羊犬に出来ないかって話もあるんだって」

「リズーねえ。案外適任かもね」

 美しすぎる羊飼いとでも評されそうな妙齢の女性達が、羊の群れから少し離れた所でほのぼのした雰囲気で会話している。
 ゴルゴン。
 ほんの少し前まで荒野で視覚を封じて窮屈な暮らしをしていた女性だけの種族だ。
 亜空という夢のような環境への移住を提示され、面談の末に全員が引越しする事になり今に至る。
 彼女たちのここでの役割は、家畜に出来そうだと思われてはいた動物を飼育する事、それから元々得意としていた裁縫技術を活かした衣服作りとなっていた。
 何でもしますと申し出てくれた彼女たちに対して、エマはそれらの仕事を割り振った。
 人数がそれなりにいる種族で“戦闘力が高い”事が野生動物への飼育担当になった理由だ。
 実はリズーを牧羊犬に、などと馬鹿げた話が女性の口から出た事も不思議な事では無い。
 強いのだ。
 牛も、羊さえも。
 今の亜空の成り立ちを考えるならおかしな言い方だが、元々この地に生息していた動物は異様に強かった。
 生まれながらの戦士であるミスティオリザードですら当初は狩りの際に負傷する程に。
 特殊能力などは持たないものの、単純な力や速さが優れているのだ。
 巴が適当に持ち込んだ荒野の魔物など、とうの昔に駆逐されている。
 追い込まれた羊の突進ですら致命傷を与える威力を持っていたのだから、放り込まれた魔物達の方が哀れだ。
 中でも牛の群れがパニックを起こした際の突進でミンチにされた方々の冥福は特に祈りたい程に。
 
「ここにもリズーがいたって私聞いたけど?」

「巴様が前に群れ一つ放り込んで、それなりに生き残ってたんだけどオオカミに手を出して皆殺しだって~」

「ああ、オオカミ……。私は見た事無いけど何か物凄く強いのよね。ミスティオリザードの方々が倒すよりも住み分けを、って提案して若様も許可したみたい」
アディダス ブーツ
「若様ならいくら強いって言ってもどうって事無いんじゃないの?」

「オオカミなら仕方無いんだって、仰っていたらしいわ。あの方のお考えはたまにわかんないわね」

「まだ誰も誘えてないしね」

「この前誘った|娘(こ)はヘアカタログもらって誤魔化されて帰ってきてた」

「アレか。アレは確かにいいものね」

「オシャレって楽しいよね」

 まだまだ油断の出来ない牛組と違い、羊組の彼女達は比較的のんびりしている。
 ゴルゴンは他種族とは色々と事情が違っていた。
 視覚が実質無かった事、それに伴う不自由。
 そして種の存続に他種族の男を必要とする点。
 視覚が解放された事で彼女達の興味は貪欲に広がりつつあり、料理を楽しむ者、着飾る事を覚える者、着飾る為の服や装飾品を作る事に目覚める者と多様な分野で日々を忙しく過ごしている。
 最近亜空で|流行(はや)り出した陶芸に興味を示す者も数少ないが現れていた。
 後者についてはオークが当面の候補に挙がったが繁殖時期の不一致や意外に高かったハイランドオークのモラルに阻まれて難しい状況にある。
 この亜空の支配者でもある深澄真も彼女達ゴルゴンのターゲットの一つ、いや最高目標と化しているのだがそれも叶っていない。
 種族の何割かが常に発情期にあるゴルゴンにとっては、真では
<a href=”http://www.shoessreception.info” title=”http://www.shoessreception.info”>http://www.shoessreception.info</a>

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s